script day.log

大学生がなんとなく始めた、趣味やら生活のことを記録していく。

英語力の重要さ

突然だが、私は将来クリエイターになりたい。まず、最近のクリエイターは日本にとどまらず、世界で活躍している。そこで使われているのは日本語ではなく、英語である。つまり英語が出来ないと、世界のクリエイターとコミュニケーション出来ないのだ。加えて、あらゆるソフトウェアを使っていくうえで、ベースにあるのは英語である。英語が出来ないと、ヘルプやエラーコードを読み解くことはできない。これでは大変だ。最後に、英語が出来るのと出来ないのとでは、世界の広さが違うだろう。英語が出来たら、現地に行ったり、インターネットなどを使ってコミュニケーションが出来る。そうでなければ、日本内で活動するしかない。相手に日本語が理解できる人がいればよいが、そんな人は滅多にいないだろう。だって、日本語は英語より難しいとされているのだから。結論として、英語力の向上は自分のために必要なのだ。

 

なんで、こんなことを考えているかというと、自分がTOEICを勉強するのに、理由づけが必要だったからなわけで… とりあえずスコア600オーバーを目指して頑張っていこうかな

 

それでは明日も1日頑張るぞい!

プログラミング力UPのために

プログラミング力を向上させるには、経験値が必要で、そのために競プロやアプリ開発をしようと、先日記事にした。そこで、その内容についてもう少し深く調べてみた。

 

まず競プロのお話し。

色々調べてみたが、とりあえず私はコンテストそのものには今のところ興味がないので、練習問題のようなものがあるところを探してみた。以下のサイトが出てきた。

HackerRank

Codeforces

AtCoder (アットコーダー)

yukicoder

paiza

この中でも下から3つは日本語に対応している。今後、私はAtCoderとyukicoderをとりあえずやっていきたいと思う。問題を回答していき、そのコードはできるだけ、GitHubにでも残して、誰でも閲覧できるようにしておきたいとも考えている。まぁ、誰か訂正をしてくれるのかだろうか?あとプログラム製作の過程とかは、ブログの方にでも、カテゴリーでプログラミングでも作って、そこで記事にしていこうかな。

 

次にアプリ開発のお話し。

塾で使うような学習アプリが欲しいというものだった。まぁデザインは置いといて、今回は中身について考えていきたい。学習アプリというものだから、最低限タイマーや学習時間の管理、カレンダーでの学習予定の確認は必要だろう。そこに加えて、中学生用の問題や高校生用の問題を用意する必要がある。塾で使うアプリなので、できれば塾の授業予定などの先生と生徒の連絡事項もそこに加えたいのだが、これに関しては、セキュリティ面での対策がかなり必要になるので、おそらく実装は難しいだろう。また、例えば数学の問題でよくわからない関数や、図形が出てきたときに、関数はグラフに、図形は3Dモデリングまで、出来ると、尚更いいなぁ。ただ、ここまで実装したい内容を適当に書いてきたが、実際アプリにするとなると、容量や通信の問題がある。いくら中身がよかったとしても、動作が非常に重かったりしては意味がないのだ。もう一つプラットフォームの問題がある。開発環境としては、クロスプラットフォームをチョイスするのがベストなんだろうけどなぁ… そういうことも考えなくちゃいけないなぁ… ということはしっかりとアプリ開発の勉強もしなくちゃいけないのか…

 

最後にITパスポートのお話し。

第1章を読み終わった。最初の方は技術、知識的なことではなく、企業や法務のことについて書かれていた。第2章も経営についてなので、ここでITパスポートの技術や知識のお話しをするのはもう少し後になりそうですね。

 

相変わらずのタイトルとテキストが一致していませんね。

たぶん、これからもこんな感じですが、お付き合いください。

 

では、明日も一日頑張るぞい!

プログラミングの悩み

先日の記事でC言語を学んでいると書いたが、その際課題が毎回出るのだが、そんな課題のプログラムをかいているときに、自分のプログラムは表現が汚いなぁといつも思う。もっと経験のある人なら、上手く表現できるのだろうなぁと思う。そんな人はいないと思うが、もし私の作ったプログラムのコードが見たい人は、リンクにGitHubのリンクを置いてあるので、そこへ行くと、私の拙いプログラムが見ることが出来ますよ。うーん、考え物ですね。やっぱり、経験値というものが必要なのでしょう。ということで、私の友人の中でかなりの技術と知識を有していると思われる方々にこのことを相談してみた。するとその中で、競プロ(競技プログラミング)をやってみるのはどうだろうという答えが返ってきた。すぐさま私は検索しましたよ。それはもう光のごとくです。練習問題というものがあるみたいで、それをやっていきたいと思います。あと、コンピュータ全般の知識をつける必要があるので、何か良い本はないだろうか?なんて考えてたら、友人が何でもいいからとりあえず始めなさい!と言うのですが、まぁ、なんでもいいが一番困るのですが…そして、これまた友人の読んでいた本が割と良さそうだったので私も購入しました。その本については、後日記事にしたいと思います。

 

そして、このブログは実は自分の趣味の記録だけじゃなくて、学習の記録を残したいと思って、開設したのです。むしろこっちが本命なのですが…まだ、何もできてませんね。

 

そこで私、決めました。

 

自分の学んだことを何か形にしたいと思って、資格を取りたいと思います。初めはITパスポートから始めようかななんて考えてます。そのあとは基本情報技術者、応用情報処理技術者にランクアップしていけたらなぁ…なんて考えてます。その中で私が学んできたことや分かりにくくて、自分が調べたことをどんどん記事にしていきますね。乞うご期待!

 

最近プログラミングが楽しいのです。そこで最近私の周りで話題になった、プログラミングで彼女を作ろうといったものを少しやってみたいですね。あと、私は塾でバイトしているのですが、塾長が塾オリジナル学習アプリが欲しいなぁ、なんて言ってて、私に技術があれば、作りましょうか?なんて言えたのでしょうけど、残念ながら今の私にそんな力はありませんでした。しかし、アプリを作ってみるっていうのは、なかなかいい経験になるだろうと思うので、塾に発表するかどうかは別として、作ってみたいと思います。その過程も記事にしたいですね。主に対応機種はiosAndroidにしたいなぁって思ってます。

 

タイトルからかなりそれてますが、結論として、欲しいものは自分で作っちゃえよって感じですね。あと寂しいクリスマスや年末年始はPCと共に過ごしそうです。

 

それでは明日も1日頑張るぞい!

おやすみなさい。

学んでは?が生まれて…

最近大学でC言語を学び始めた。

今は、1つを学んでは、疑問が生まれて、それを解決して、また疑問が生まれるの繰り返しなのだが…

そこで、よく私は考えるのだが、今大学でバラバラに学んでいる、数学(微積分、線形代数、etc…)や論理回路、そしてプログラミング言語が、点だったのが繋がって、線になるのだろうか?線になった時は楽しいのだろうが、これが大学生4年間でできるのだろうか?

なぜ、こういうことを考えているのかというと、周りの友人がさらにコンピュータについて、学を深めていて、私も頑張らなくてはと思い、焦っているのだが…

その友人たちとも話が合うようになると楽しいのだろうなぁ。

 

Conclusion

とりあえず、今は学んだことをしっかりと自分の知識、技術に変えていこう。

貪欲に求めていきたい。

とりあえずブログつくりました

中間試験も終わり、中々落ち着いてきたので、ここで一つ自分の行動を記録したいと思って、

ブログを開設した次第であります。まぁ、今のところ、何がしたいとかはあまり明白には決まっておりません。完全に見切り発車ですね。それにこういうものは年初めや年度初めに始めると、大変区切りが良くて、いいと思うのですが、年の瀬のこのタイミングで始めるという、訳が分からない時期です。

とりあえず、ブログ開設のお知らせでした。